読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ春を待つ

ビル風に流され族

BELIEVE MY DRE@M!! @MAKUHARI 0417 感想

アイドルマスターミリオンライブ!

0417

 二日目は、随所に散りばめられたメディアミックスへのリスペクトと、キャストの熱いパフォーマンスがそれぞれ光った最高のステージでした。


 二日目を迎えるにあたっての心境は、何をどうやって一日目を上回ってくるのか、そんなこと可能なのか?というもの。だって二日目は初参加の人もいないですし、ユニットが全員揃ったりもしません。何より、どう考えても一日目の『プラリネ』『アイル』ほど期待されていて、その期待を遥かに上回る形で実現させたあの衝撃を超える何かがあるとは思えませんでした。まあ、ここまでお預けされてきた『アライブファクター』と『ハルカナミライ』がどう披露されるのか、それぐらいかなあなんて。


 こう書くと、こいつ二日目に期待してなかったのか?と感じるかもしれませんが、決してそんなことはなく、ギミック的・演出的には一日目に敵わなくとも、キャストのパフォーマンスは、きっと一日目以上の最高のものを見せてくれる、と期待していました。


そして、そのステージは確かに、楽しかったツアーの千秋楽に相応しい、最高のものでした。

 

 

 本当に、やれここが良かった!あれが良かった!と言い出すと(書き出すと?)キリがないのでインパクトの大きかったものだけ。

 まず、カバーコーナーの『虹色ミラクル』、そしてリーダーのソロラッシュ中に訪れた『オリジナル声になって』がとても印象的でした。輝きの向こう側をイメージさせる、星梨花、志保、可奈ちゃんの三人での『虹色ミラクル』はそれだけで、二年経った現在からの輝きの向こう側へのアンサーを感じました。そして、マスピを披露しないのは、そういうミリオンスターズからのメッセージですよね?とも。

 そんなこんな思ってる所に最終ブロックの物凄いソロラッシュの中で披露された、可奈ちゃんの『オリジナル声になって』はとにかく刺さって泣いていました。「やっぱり歌が大好き」なんですよ。二年経った今だから送れる、輝きの向こう側への最高のリスペクトとアンサーだな、と。その後に繋がる『絵本』の流れも相乗効果でさらにぶっ刺さるので本当に色々ずるいセトリです。

 

 

 そのリーダーラッシュの到来を告げたかのような田所さんとMachicoさんによる『アライブファクター』もかなりの衝撃でした。てっきり"蒼"の系譜として、しずしほで歌うのかなあ、でも昨日この二人でpocしたしなあと思ってたので、こう来たか…としてやられた感満載でした。最初はこういうのもありだな!という気持ちだったのです。

でもなるほど、静香と翼の立場やそのお互いの関係性を考えながらこの曲を聴くと、物凄い文脈が見えてきて、ああこの曲の相手には翼が相応しいんだ、と納得しました。

 

 ミリオンライブって"系譜"をガンガンフィーチャーしていきますよね。そして『アライブファクター』はまさしく"系譜"を印象付けるものです。そして実際ライブで披露する際に、静香の相方をこれまた"系譜"の文脈が濃い翼が務めることで、静香にとっての千早という文脈と、翼にとっての美希、二つの文脈がここでの『アライブファクター』に刻まれるのです。さらに、幕張仕様になった『アライブファクター』の歌詞が静香と翼にこれ以上なく寄り添うもので。いやなんかもう色々言うのも野暮なんですが。

 翼と静香は性格も、アイドルへの姿勢も、まるっきり違うけれど、でもお互い憧れの存在がいて、情熱があって、友達で、戦友で。そんな二人による「見せてあげる/鮮やかな/私たちの未来を」なんですよ。
そして何より二人のパフォーマンスが物凄いものでした。

 

 そしてものすごいソロラッシュからの翼→静香→未来のコンボ。前述の『オリジナル声になって』で輝きの向こう側のイメージが湧いていたので、こちらの信号機コンボはゲッサンミリオンを否応なくイメージしてしまいました。『Believe my change!』のパフォーマンスから、一日目の『アイル』を経た翼が到達した新境地を感じ、『Catch my dream』の優しい、けれど芯のある歌い方は静香の成長を、そして『未来飛行』ではゲッサン本誌で急速に主人公オーラがガンガン強大になっていく未来と盛り上げが非常にうまい山崎さんのイメージが重なって、、、とても感動してしまいました。やっぱり「アイドルたちが…成長した時さ。」はずるいですね。

 

そして『ハルカナミライ』です。もうこれは、二人が未来と静香にしか、ステージが学校の屋上にしか見えませんでした(ゲッサンミリオンのイメージ)。個人的にキャストの方がキャラクターを演じて歌ったりするものを見る時は、キャストを見て、いやこの場ではキャラクターだ、とキャラクターへと変換するのですが、この場に限ってはぴょんころの二人を見てそのまま未来と静香と認識していました。この曲の感想を掘り下げるとあらぬ方向に飛んでいきそうなので控えますが、個人的に二日目ナンバーワンはこの『ハルカナミライ』です。それくらい凄いものでした。


…サプライズで全公演映像化!やったー!
4thは武道館!…そういえばぶどーかんに文脈があったな…と頭抱えたり、37人参加最高!と思ったり。

とにかく楽しいライブでした。ありがとうございました。