読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ春を待つ

ビル風に流され族

新田恵海 LIVE 2016 EAST EMUSIC ~つなぐメロディー~

参加したので感想とか。

以前新田さんが喉を患われて、休まれていた時期からラジオも聴かなくなり、あまり情報を拾うことがなくなっていた。なので正直、今回のこのライブがどんな位置づけをされているのか、参加するまではよくわかっていなかった。まあ、追加公演なのかな~という感じ。実際には、とても特別で、大事なライブだったのだけれど。

当日のパシフィコ横浜周辺では、μ’sμ’sした装いの方々が散見されて、失礼だけど亡霊みたい、と少し感じてしまった。これ会場に盛り塩を置いておくと、なかなかの人数が弾けそうじゃない? とか思っていたのだけれど、いざ新田さんが登場すると、ああパシフィコ横浜に一人で立ってる……立ってるんだなあ……としみじみしてしまったので、自分も亡霊側だった、とか思いながら開演を迎えた。

 

ワンマンライブでは初披露となる『盟約の彼方』でシリアスに、壮大にはじまり、会場全体のボルテージが一気に頂点になった『EMUSIC』、言わずもがなの『探求Dreaming』へと連なった開幕三曲。新田さんの否応なく心揺さぶられる歌唱力に裏付けされた、楽しめるライブ。このキラーチューン三連発にライブの楽しい要素が全て含まれているような気がした。そして、ここまで濃厚なスタートを切って、このライブはどこへ向かうんだろう……?と更に高まる期待。その期待通りに、とても楽しいライブだった。

聴きたいなあと思っていた『HEARTFUL WISH』・『世界ノ全部ガ敵ダトシテモ』を聴けてとても嬉しかった。ゲーム回りの楽曲が歌えたり歌えなかったりする諸々の事情は正直よく知らないし、なんで歌わないのかしら? と勝手に思う時もある。でも新田さんが「特別な日なので歌いたい」と発言して下さることで、無知な自分でも簡単には歌えないなんやかんやがあるのは察することができるし、それを乗り越えて歌ってくださることがとても貴重なことだと受け止められるので、ちゃんとアピールしてくださるのは、ありがたい。

ライブで初公開初披露だった『暁』は『きらめきを夢みて』と同じく、新田さんの作詞作曲。己の後ろ向きな面も、前向きな面も含めて、気持ちを全部、ストレートに詩にのせて、その力強い歌声で届けられて、とにかく心に響いた。ネガティブな面ってどうやって向き合うかって人それぞれで、普段からネガティブが滲み出す人とか、感情が高ぶると出てくる人とか色々居られると思う。そんな中で、ここまでダイレクトに歌で、明確に表現できるのは新田さんだからこそだと。ああシンガーソングライターだ……と思ったり。

 

『OURS POWERS』で締めくくられた、μ’s東京ドーム公演後、初めてのワンマンライブ。これから一人のアーティストとしてどう活動していくのか、その覚悟を強く感じさせられた。きっと最高のスタートになったし、その先に十周年ライブが開かれると、とても嬉しい。