ただ春を待つ

ビル風に流され族

ミリオンライブ 4th LIVE のロゴと『DIAMOND DAYS』

 

ついに、THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!! LIVE Blu-ray 01@NAGOYA が発売されましたね。名古屋はライブビューイング会場にも行けなかったのですが、BDで見れて本当に良かったです…環ちゃん……。3rdツアーの時期は長い間ライブを楽しめて、本当に幸せだったなあ、と思ったりもしています。

 

それはさておいて先日、4th LIVEのロゴが発表されましたね。上品な雰囲気で好きです。ちらほら聞こえてくる、サッカーチームのエムブレムっぽさもわかるような気がします。

このロゴが発表されたとき、こんなことを耳にしました。それは、「ロゴの第一象限から第四象限がダイヤモンドの形みたいで、DIAMOND DAYSって感じだよね」というものです。 (ミリオン ロゴ ダイヤモンドとツイッターで検索すると最初の発信者の方が出てきます)

f:id:sorewa_nanikana:20161111185943j:plain

この話を初めて聞いた時、なるほどDIAMOND DAYSだ!と素直に納得しました。しかしそれと同時に、『DIAMOND DAYS』は武道館に向けて制作された新しい全体曲なのか、あるいは、THE@TER ACTIVITIESシリーズの曲なのか、どっちなのだろう?という思いが胸に浮かんでいました。

『DIAMOND DAYS』を一度聴くと、エンドロールが流れる光景が思い浮かんできます。ものすごい大団円感。この感覚からは、武道館でこの曲が披露される最高の光景も想起できますし、いやいや、"映画"を題材としたTHE@TER ACTIVITIESシリーズの共通エンドロール曲だよ、と言われてもしっくりくるんですよね。

そんな折、先日のTA01のリリースイベントで、「『DIAMOND DAYS』は武道館のための歌」ということが発表されました。

さて、これを踏まえてロゴを改めて見てみます。武道館を表す八角形を4分割して生まれたそれぞれの多角形が、ダイヤモンドの形に。そのひとつひとつのダイヤモンドにDAY1からDAY3の三日間を表す星・太陽・月のシンボルが埋め込まれています。
そうなると、DIAMOND DAYSという言葉はまさに武道館で開かれる4th LIVE スリーデイズのことを指し示しているように思えてきませんか? 武道館での1日1日が、DIAMOND DAYSを形成しているのです。このロゴそのものがDIAMOND DAYSを表している気すらしてきます。

武道館を念頭に置いて『DIAMOND DAYS』の歌詞を見返すと、一つ一つのフレーズの解像度がグッと上昇して、その向こうに見えるアイドルが、さらにはっきりと、生き生きとして見えるような気がします。ただでさえ素敵な歌詞だったのに、文脈も合わさって、更に強度が増しています。今でこれなので、実際に武道館で披露されたらどうなってしまうのだろう、とも。

4thに向けたユニット・その楽曲も少しずつ公開され、いよいよ近づいてきた感のある4th LIVE。いったいどんなステージを見せてくれるのか、『DIAMOND DAYS』はどのように披露されるのか、楽しみです。個人的には初日、翼に"一人"で『アイル』をかましてほしい。