読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ春を待つ

ビル風に流され族

渡部優衣さん FUN FAN BIRTHDAY 2016

渡部優衣さん

 

東京で開催された渡部優衣さんのバースデーライブ、大阪で開催されたバースデーパーティ。ここでは主にバースデーライブについて、書きます。

12/3 BIRTHDAY LIVE TOKYO

「今日はノンストップでいきます」

1曲目『FUN FAN LOVE』のイントロで、そんなことを言ってた渡部さん。この日のBDライブに関して「新しい渡部優衣のライブの形をお見せできるのではないかと思います」と前もって仰られていました。なので、もしかして今日は本当にノンストップ(MCないやつ)なのか??とちょっと冗談ぽく受け取ったのです。はい、本当に本編MCなしのノンストップライブでした。うーん体力の塊、と改めての実感。

<セットリスト>

M1. FUN FUN LOVE
M2. スキがあふれて止まらない!
M3. 100% Believe
M4. Last_Pain
M5. Say La La La
~イエローサンダーズのテーマ~
M6. こ・こ・か・ら color
M7. 秘密の呪文
M8. 笑顔がイイネ☆
M9. どんと胸をはれぇ!
M10. Brightest story
M11. Days
ENCORE
Ec1. ラッキー!サプライズ☆バースデイ
Ec2. 常夏ココナッツ
Ec3. Shine! Shine!
Ec4. 夢のキセキ

出典:渡部優衣初のライブBlu-ray発売決定! / 渡部優衣 - 徳間ジャパン

掻い摘んで感想を。

ライブ前半で披露された『Say La La La』は、その披露されるタイミングに、少し驚きました。ここでくるのか、と。

これまで、この『Say La La La』という曲は、会場を優しい雰囲気と多幸感で包み込む印象がありました。けれどこの日は、ステージに腰掛けて歌う渡部さんに、クラップを誘う箇所が以前より増えるなど(たよね?)、陽気で楽しげな雰囲気に包まれる曲になっていました。こうして曲は育っていくのかな、と思ったのです。

 久しぶりに披露された『こ・こ・か・らcolar』。やっぱり楽しいですね、この曲。1st Liveの日、始発の駅を目指して深夜に辿り着いた羽田空港を脱出。黙々と足を進めながら、いよいよ待ちに待ったライブがやってくる、とハイなテンションの中でリピートしていたのを思い出します。

びっくりするほど可愛らしい衣装で歌われる『どんと胸をはれぇ!』 には興奮で震えるほどの衝撃を受けて、この日の個人的ベストアクトでした。ふりふりとした衣装に映えるクールな表情はひたすらにイケメン。客席からもハッキリと確認できる紅潮した頬もとても素敵でした。

 

昼公演では「次が最後の曲です」というアナウンスも無かった(忘れていた)ので、本編ラスト『Days』終了後、(アレ…終わった…のか…??)と混乱する会場、少しばかりの静寂を挟み、慌ててアンコールを呼び込み始めたのが面白かったです。

 

DEAR MY FRIEND (HAPPY BIRTH DAY!) IT'S YOU!」

そのアンコール後、一発目の曲のイントロは、聞き覚えはあるけれど、渡部優衣さんソロ名義ではない曲でした。『ラッキー!サプライズ☆バースデイ』。ゆい㌧が白玉みかんさん役として出演しているプリパラにおいて、白玉みかんさんのお披露目とも言えるアロマゲドン編を締めくくる、大切な人へ贈るバースデーソングです。今年の夏、大阪でも開催されたプリパラサマーライブ、その大阪公演でも披露された曲です。

sorewa-nanikana.hatenablog.com

プリパラに、白玉みかんさんに、アロマゲドンに、思い入れがあるので、ここでこのイントロが聴こえてきたのには、大変驚き、目を丸くしました。しばらく言葉が出てこなくなる程に嬉しかったのです。

白玉みかんさんは小学生で、普段この曲を歌うときも、幼い、可愛らしく、優しい歌声です。しかしこの日の『ラッキー!サプライズ☆バースデイ』は、渡部優衣さん本人として、非常に大人びた、そして、優しい歌声で、歌い上げられました。その歌声と一人でステージに立つ姿には、"大人になった白玉みかんさん"も幻視してしまう程でした。個人のイベントなのはわかってるけれど許してほしい。それだけ色気もあって、慈愛に満ちていた歌声だったのです。

それはそれとしてこの『ラッキー!サプライズ☆バースデイ!』は合いの手を入れることでお互いにメッセージを交換できる、とても楽しい曲なんですよね。「ハッピーバースデー!」も「 YOU!」も他の諸々も。けれど、歌詞がストレートに伝わってきて一番嬉しかったのは、最後の「DEAR MY FRIEND IT'S YOU!」です。ありがとうございました。

 

その後、本編でMCがカットされた分、長くて長い、とにかく長いMCが入りました。面白かったです。今回の本編MCゼロ施策は、ゆい㌧のトークが語りだすと止まらないのなら、いっそ止まらなくても大丈夫なようにMCを一纏めにする、という手段でもあったんでしょうね。楽しそうに様々なことを語る渡部さんの姿は素敵でした。長くて内容は覚えてないです。面白かったのは覚えています。

ソロライブでの長いMCランキングで上位に食い込んでもおかしくない程度に長いMCのあと曲を再び披露。『常夏ココナッツ』『Shine! Shine!』ときて、最後の曲は『夢のキセキ』。やっぱり音源よりライブの方が良いなって、思いますね。二部は『ラッキー!サプライズ☆バースデイ』で燃え尽きてしまったので完全に地蔵でした。じっくり眺めるのも良いです。

 

最後に「私をイチオシにしてください」と宣言して、そのあとちょっと照れている渡部さんが良いです。

 

改めてソロ活動をすることになっても、昔の不安は拭えないあったと渡部さんは語っています。*1そして、考えすぎかもしれないんですが、その雰囲気を観る側もどこか感じとっていた気がします。少なくとも自分は。だからこそ1st LIVEの『Say La La La』が最高だったんですけど。それが、選曲会議から参加したメジャーファーストシングル『夢のキセキ』や、新しい試みに取り組んだバースデーLIVEで「自分はこうしたい、こうなりたい」という渡部さんの欲が見えてきたような気がして、とても良いな~と思いました。次のアルバムがあるときは、今よりも、さらに渡部さんの意思が感じられる作品になっていると、嬉しいです。

最後に渡部さんが観客みんな、ひとりひとりと視線を合わせて、退場。あっという間の二公演でした。楽しかったです。

 

これもまた書き連ねはしませんが、山口立花子さんとの関係性が好きです。絆は、永遠。ありがとうございました。

 

 
「豚が支えてくれてるから」

内容をつらつら書くことはしませんが、大阪でのバースデーパーティも参加させていただいて、最初から最後まですごい満足感でした。あとご飯が非常に美味しい。ホテルはすごい。あの日あの場所は、渡部さんのファンだけの空間で、素敵な、スキに溢れていた空間でした。

自分についての話になりますが、これまで、声優さんがファンを観てくれる、思ってくれる、信頼してくれるといったことについて、斜に構えていたのであんまり素直に嬉しいと思えなかったんですよね。嬉しいことで、有り難いことだ、とは理屈では理解できるのですが。

ただ観客としてイベントに参加して、パフォーマンスを観てるだけで元気を貰っているのに、その上でこちら側まで気にかけて下さるなんて申し訳ない……みたいなことを思ってたのです。しかし、この大阪の日は、渡部さんがファンを大事にされているのをいつも以上に強く感じて、そのことが素直に嬉しくて、有り難く思えました。やっと素直に、自分もこの人のファンだって思えるようになったのかな〜と思います。

 

帰宅してから、積み残しの渡部さんも横山奈緒役として出演された、ミリオンライブ 3rdLIVE 仙台公演BDのオーディオコメンタリーを聴きました。オーディオコメンタリーにおいて、渡部さんはりえしょんとの会話の中で「豚が支えてくれてるから」とサラッと発言されます。

生き物として、食肉として豚が好きな渡部さん。独り語りラジオのRNが "ブランド豚" になったり、今回のバースデーパーティでも参加者に出荷札が支給されたりするなど、ファンを豚として扱う渡部さん。普通は、豚が支えてくれてる?ボケかな?と捉えて、気にも留めない発言でしょう。でも実際に豚サイドさん側からすると、「支えてくれてる」という言葉は、とても嬉しくて。こんな感じで、こっそりと、けれどわかるようにサービスされると、この人にはかなわないな、と思ったのでした。

 

次はプリスマス、LVですが楽しみです。親衛隊で二次先行しなかったの今でも許してない(サマライ大阪まで情報はスルーでええやろ!してた自分が悪い)