ただ春を待つ

ビル風に流され族

リスアニ!LIVE 2017 DAY3

 

リスアニ!LIVE 2017 DAY3だけさらっと

 個人的に、遠征して参加するフェスには、そこでしか聴けない・味わえない何かを求めがちになります。その演者の単独公演では味わえないであろう、何か・エモーショナルなやつ。逆に、地元・北海道開催のフェスだと、北海道に来てくれること、それだけに価値を見出せてしまったりします。

 そして今回、このリスアニ!LIVEというフェスでしか味わえない体験をさせてくれたと感じる演者三組について少しだけ書きます。もちろん、他のアーティストもとても楽しかったですし、単独行きて~~~な~~~~~と思わされました。

 

田所あずささん

純真Always』をフェスで聴くなら田所あずささんが大トリなフェスの最後の曲として聴きたいみたいな所ありませんか???それだけ圧倒的なトリ感がもともとあるんですよね。その上でコーレスとかしちゃうなんてその"トリっぽさ"を狙ったパフォーマンスでしょ、、とか感じちゃいました。フェスだからこそ「フェスの途中で大トリっぽいことをやっちゃう」ということに意味が生まれてくるし、やっぱり狙ってるのかななんて。

これから田所さんが活動を積み重ねて、いつか、大きなフェスで大トリを任されることになったとき、最後の曲として最高の『純真Always』を聴きたいな、と思っています。その暁には、フェスでの大トリ田所あずささんラス曲純真Alwaysという構成はANI-HIGHが一番最初で、自分はその田所あずささんも見ているんだぞと自己満足したいと思います。

南條愛乃さん

ココロノエデン
キャラソン!!!大晦日に特番!!!は!!!ははは!!!!ありがとう!!!

 

スタンド最前列なのでじっくり座ってシングル曲を聴くの楽しかったですね。"ここでしかきけない"というくくりではココロノエデンがぶっちぎりでしたが、また単独いきたくなりました。やっぱり小衣ちゃんなんだよな。

FLOW

大トリを任せられたアーティストが行う、大トリとしてのパフォーマンス。そこには、単独公演では味わえない質の楽しさがあります。FLOWのステージはまさに大トリにふさわしく、熱く、素敵に満ち溢れていました。『COLORS』を二曲目に放てる層の厚さ、『GO!!!』から『風ノ唄』の二段構えはめーーっちゃ熱い、いや、暑かった。

 

 

何が一番衝撃だったかというと『ココロノエデン』でしょう。他には、武道館のモニターに大写しになる「何度だって、好き。~告白実行委員会~」のジャケット写真もここでしか味わえないもので、とても良かったですね。